その他、個人向け国債情報 個人向け国債の利率と金利の資産運用術

個人向け国債の募集について

個人向け国債の募集の取り扱いとは、新たに発行される個人向け国債券を、一定期間中、一定の条件で販売することです。

通常、個人向け国債の募集は、通常、前月の5日〜25日までですが、この期間中に投資家から購入の申し込みを受付けることを「個人向け国債の募集の取り扱い」といいます。

また、個人向け国債の募集締切日から発行日までの間も販売することができ、これを「募残の取り扱い」といいます。

今後の個人向け国債の募集期間のスケジュールは

第21回債(変動10年)と第9回債(固定5年)・・・平成19年12月6日〜12月27日(発行日、平成20年1月15日)
第22回債(変動10年)と第10回債(固定5年)・・平成20年3月募集開始予定(発行日、平成20年4月15日)

の予定となっています。

個人向け国債を担保にできる?

銀行や郵便局では、個人向け国債担保に融資を受けることができます。

銀行や郵便局で購入し、総合口座、総合通帳で個人向け国債を保管している場合、その個人向け国債担保に融資を受けることができるのです。(国債等担保貸付)

ゆうちょ銀行・郵便局で個人向け国債を購入し、かつ通常貯金を利用している方(個人に限る)は、額面金額の80%まで、最高200万円まで、個人向け国債担保に融資が受けられます。(国債等担保自動貸付け)
但し固定金利型は購入後1年経過しなければ個人向け国債担保にした融資は受けられません。

あらかじめ国債等担保自動貸付けの利用申し込みをした国債のみが、個人向け国債担保にした融資の対象となります。

また、りそな銀行では、「振替決済口座」に残高のある個人向け国債を担保に、最高200万円までの自動貸越(総合口座の当座貸越)サービスが受けられます。

個人向け国債担保に融資(借入)を受ける場合、金融機関によって条件が違うので、利用する前によく確認をしてください。