個人向け国債のメリット、デメリットは? 個人向け国債の利率と金利の資産運用術

個人向け国債が人気なわけ

個人向け国債人気の理由の1つには、今までの国債は5万円単位での購入しかできなかったのに対し、個人向け国債は購入価格が1万円という手ごろさがあります。

また、個人向け国債は、個人投資家向けに作られたもので、誰でも購入可能な、高利回りな商品であることも、個人向け国債人気の理由の一つです。

国債は国債債券(現物)により管理されていますが、個人向け国債は取り扱い機関に口座を設けることで運用できる(ペーパレス国債)であることも個人向け国債人気を呼んでいる理由の一つでしょう。

また、この取り扱い機関がもしも破綻してしまっても、その個人向け国債の権利は保護され、利子や元本も保障されているので、安心して運用出来るという事も、個人向け国債人気の理由の1つです。

このように、個人向け国債人気が集まるのは、他の投資と比べて、より柔軟で運用しやすく、いろいろな点で安心材料が多いからです。

個人向け国債の利点とは?

個人向け国債は国の発行する債権なので、債権の中でも最も信頼度が高い債権であり、最低保証金利が設定されているので、利息がゼロにることがないということは、個人向け国債の利点です。

このように、安全性が高く、しかも1万円から買うことが出来ると言う、個人向け国債の利点があるので、投資の初心者や資金の少ない人にも利用しやすい商品でしょう。

半年ごとに金利を見直すタイプの金利変動型個人向けの利付き国債は、金利上昇局面に有利で、満期まで金利が変わらないタイプの長期固定金利型の利付き国債は、金利下降局面に有利であることも個人向け国債の利点です。

個人向け国債は利点として、ある程度の収益性と安全性を兼ね備えており、十分に預貯金の代わりになる金融商品でしょう。
しかし、預貯金に比べて収益性が高い反面、個人向け国債には解約できない期間が存在したりします。
なので、個人向け国債を検討する場合は、個人向け国債の利点だけでなく、商品性をしっかり理解した上で購入するべきでしょう。