個人向け国債の解約方法は? 個人向け国債の利率と金利の資産運用術

個人向け国債を2年経過すると

発行から、10年変動金利型個人向け国債は1年、5年固定金利型個人向け国債2年経過すれば中途解約ができます。

しかし、個人向け国債2年経過後でも、中途解約にはペナルティーがあり、5年固定金利型個人向け国債は、直前4回分の利息を、10年変動金利型個人向け国債は、直前2回分の利息を支払わなければなりません。

5年固定型個人向け国債2年経過後の中途解約時の受取額の計算式は、「額面金額+経過利子相当額−直前4回分の利子(税引前)相当額」となります。

平成20年4月15日以降は、「額面金額」+「経過利子相当額」−「直前4回分の利子(税引前)相当額×0.8」

10年変動型個人向け国債2年経過後の中途解約時の受取額の計算式は、「額面金額+経過利子相当額−直前2回分の利子(税引前)相当額」となります。

平成20年4月15日以降は、「額面金額」+「経過利子相当額」−「直前2回分の利子(税引前)相当額×0.8」

このように、個人向け国債2年以上保有していても、中途解約した場合は元本割れする場合があるため、できれば、償還日まで保有するのがよいでしょう。

個人向け国債の中途解約する場合はどうするの?

個人向け国債の中途解約の場合は、10年変動金利型国債の場合は発行から1年経過後、5年固定金利型国債の場合は発行から2年経過後に額面で換金できます。

しかし、10年国債は直近2回分、5年国債は直近4回分の利息がもらえないというペナルティーがありますので、短期間での個人向け国債の中途解約の場合は元本割れすることもあります。

個人向け国債の利息には税金(20%の源泉徴収)がかかるため、例えば100万円で利率1%の場合、年間の受取利息は100万×1%×80%=8000円となります。

が、実際に国から支払われた利息は10000円になりますので、一年での個人向け国債の中途解約の場合、換金時に戻ってくるお金は992000円となり、元本を下回ります。

このように個人向け国債の中途解約の場合には、ペナルティーがありますが、日割りで発生している「経過利息相当額(前回の利息支払い日から次の利息支払い日の前日までの利息)」は非課税なので、1年365日、半年を182日として、181日分の経過利息が発生し、これはまるまるもらえます。

なので、やむをえず個人向け国債の中途解約をする場合は、税引き前の利息で手数料を計算し、利息支払い日の前日に解約するとお得です。

個人向け国債の中途解約は損?

個人向け国債の中途解約については、10年国債の場合は発行から1年経過後、5年国債の場合は発行から2年経過後に額面で換金できます。

しかし、10年国債は直近2回分、5年国債は直近4回分の利息がもらえないというペナルティーがありますので、短期間で個人向け国債の中途解約をした場合は元本割れする場合もあります。

個人向け国債の利息には税金(20%の源泉徴収)がかかるため、例えば100万円で利率1%の場合、年間の受取利息は100万×1%×8%=8000円となりますが、実際に国から支払われた利息は10000円になりますので、一年きっかりで個人向け国債の中途解約をした場合、換金時に戻ってくる金額は992000円となり、元本を下回ります。

このように個人向け国債の中途解約時には、ペナルティーがありますが、日割りで発生している「経過利息相当額(前回の利息支払い日から次の利息支払い日の前日までの利息)」は非課税なので、1年365日、半年を182日として、181日分の経過利息が発生し、これはまるまるもらえます。

なので、やむをえず個人向け国債の中途解約をする場合は、税引き前の利息で手数料を計算し、利息支払い日の前日に解約するとお得です。

個人向け国債の解約は?

個人向け国債の解約については、10年変動金利型国債の場合は発行から1年経過後、5年固定金利型国債の場合は発行から2年経過後に額面で換金できますが、10年国債は直近2回分、5年国債は直近4回分の利息がもらえないというペナルティーがありますので、短期間で個人向け国債の解約をした場合は元本割れすることもあります。

個人向け国債の利息には税金(20%の源泉徴収)がかかるため、例えば100 万円で利率1%の場合、年間の受取利息は100万×1%×80%=8000円となりますが、実際に国から支払われた利息は10000円になりますので、一年きっかりで個人向け国債の解約をした場合、換金時に戻ってくるお金は992000円となり、元本を下回ります。

このように個人向け国債の解約には、ペナルティーがありますが、日割りで発生している「経過利息相当額(前回の利息支払い日から次の利息支払い日の前日までの利息)」は非課税なので、1年365日、半年を182日として、181日分の経過利息が発生し、これはまるまるもらえます。

なので、やむをえず個人向け国債の解約をする場合は、税引き前の利息で手数料を計算し、利息支払い日の前日に解約するとお得です。