個人向け国債の利回りは? 個人向け国債の利率と金利の資産運用術

個人向け国債の経過利子について

個人向け国債を購入した場合、第1回目の利払い日に6ヶ月分の利子が支払われます。
しかし、投資家により購入日は違いますから、個人向け国債を購入した日から第1回利払い日までの期間は必ずしも6ヶ月間だとは限りません。
発行から購入日までに期間がある場合には、利子の払い過ぎになってしまいます。
そこで、個人向け国債を保有していなかった期間(国債の発行日から購入日まで)の利子に相当する額を、国債の購入時に支払う仕組みになっています。
このとき支払うお金を個人向け国債経過利子と言います。

つまり、個人向け国債経過利子とは、個人向け国債に投資した人が受け取る第1回目の利子が、実際に国債を保有した期間に対応した金額になるよう調整するために支払うものです。

なお、2001年3月から、即時銘柄統合(リオープン)方式の導入に伴い、新しく発行される個人向け国債についても、経過利子を支払う場合が生じるようになりました。

また、個人向け国債の中途換金時の受取金額は、変動10年型の場合、「額面金額+個人向け国債の経過利子相当額−直前2回分の利子(税引前)相当額(発行から2年経過後より中途換金可)となり、固定5年型の場合は、額面金額+個人向け国債の経過利子相当額−直前4回分の利子(税引前)相当額となります。(発行から1年後より中途換金可)

個人向け国債の利払いについて

5年固定金利型個人向け国債の利払は発行から5年後の償還日まで変わりませんが、10年変動金利型個人向け国債の利払は、10年間、経済情勢や金利の変動に応じて変動します。

どちらも半年ごとに利子の支払いがあり、10年変動金利型個人向け国債の利払は、その度に見直されます。

個人向け国債の利払は、最低金利保障が0.05%に設定されており、それ以下になることはありません。

10年変動金利型個人向け国債は発行後1年、5年固定金利型個人向け国債は発行後2年、それぞれ経過すれば、いつでも中途解約が出来ます。

個人向け国債の利払を考え、固定金利と変動金利のどちらを購入するのか、その時の世の中の情勢から慎重に考えましょう。

国債の金利も、一般の金融機関の金利と連動しているところがありますので、世の中の金利が上がれば国債利回りも上がることが多いようです。

ちなみに、平成19年7月発行の10年の個人向け国債の第1回(平成19年7月16日〜平成20年1月15日)の利子は1.01%です。

個人向け国債の利子を見てみよう

5年固定金利型個人向け国債の利子は発行から5年後の償還日まで変わりませんが、10年変動金利型個人向け国債の利子は、10年間、経済情勢や金利の変動に応じて変動します。

どちらも半年ごとに利子の支払いがあり、10年変動金利型個人向け国債の利子は、その度に見直されます。

個人向け国債の利子は、最低金利保障が0.05%に設定されており、それ以下になることはありません。

10年変動金利型個人向け国債は発行後1年、5年固定金利型個人向け国債は発行後2年、それぞれ経過すれば、いつでも中途解約が出来ます。

個人向け国債の利子を考え、固定金利と変動金利のどちらを購入するのか、その時の世の中の情勢から慎重に考えましょう。

国債金利も、一般の金融機関の金利と連動しているところがありますので、世の中の金利が上がれば国債利回りも上がることが多いようです。

ちなみに、平成19年7月発行の10年の個人向け国債の第1回(平成19年7月16日〜平成20年1月15日)の利子は1.01%です。

個人向け国債の利息は?

5年固定金利型個人向け国債の利息は発行から5年後の償還日まで変わりませんが、10年変動金利型個人向け国債の利息は、10年間、経済情勢や金利の変動に応じて変動します。

どちらも半年ごとに利息の支払いがあり、10年変動金利型個人向け国債の利息は、その度に見直されます。

個人向け国債の利息は、最低金利保障が0.05%に設定されており、それ以下の利息になることはありません。

10年変動金利型個人向け国債は発行後1年、5年固定金利型個人向け国債は発行後2年、それぞれ経過すれば、いつでも中途解約が出来ます。

個人向け国債の利息を考え、固定金利と変動金利のどちらを購入するのか、その時の世の中の情勢から慎重に考えましょう。

国債金利も、一般の金融機関の金利と連動しているところがありますので、世の中の金利が上がれば国債利回りも上がることが多いようです。

ちなみに、平成19年7月発行の10年の個人向け国債の第1回(平成19年7月16日〜平成20年1月15日)の利息は1.01%です。

個人向け国債5年って何?

個人向け国債5年固定金利型は、2006年1月より発行が開始され、個人の方なら誰でも1万円から1万円単位で購入できます。
また中途解約の際の買い取り額保証も定めています。

個人向け国債5年金利固定型の適用利率(年率)は、発行時に、「適用利率(年率)=基準金利−0.80%」で算出され、償還日まで、半年ごとに同じ利息が支払われます。

発行後2年経過しないと、個人向け国債5年金利固定型は、中途換金はできません。

発行後2年を経過すれば個人向け国債5年固定金利型は、中途換金も可能ですが、その時は、直前4回分の利子(税引前)相当額が受け取り金額から差し引かれます。(平成20年4月15日以降からは、直前4回分の各利子(税引前)相当額×0.8)

また、個人向け国債5年固定金利型は、受け取る利子の20%が源泉分離課税されます。

個人向け国債変動10年とは?

個人向け国債変動10年」を丁寧に言うと「10年満期の最低クーポン保証付変動金利型個人向け国債」となります。

平成15年3月から発行が始まり、半年ごとに、実勢金利を反映して適用利率(クーポン)が変わる「変動金利制」を採用した「個人向け国債変動10年」は、個人の方なら誰でも1万円から1万円単位で購入できます。

適用利率(年率)は、半年ごとに、「適用利率(年率)=基準金利−0.80%」で算出されますが、「個人向け国債変動10年」は、最低金利保証制度により、計算式で低い数字が出ても、0.05%以下にはならないようになっています。

10年間お金を預かって、半年ごとに利子を支払い、満期が来たら、最後の利子と元本(額面金額)を返すと言うのが「個人向け国債変動10年」の仕組みです。

個人向け国債変動10年」は10年満期ですが、発行から1年経過すれば、いつでも、中途換金できます。
その計算式は「額面金額+経過利子相当額−直前2回分の利子(税引前)相当額」です。
(平成20年4月15日以降は、「額面金額+経過利子相当額−直前2回分の利子(税引前)相当額×0.8」)

個人向け国債に係る利子所得については、従来の国債と同様、源泉分離課税の対象となっており、利払時に20%の税率(所得税15%、地方税5%)で源泉徴収が行われます。

個人向け国債の金利を見てみよう

5年固定金利型個人向け国債の金利は発行から5年後の償還日まで変わりませんが、10年変動金利型個人向け国債の金利は、10年間、経済情勢や金利の変動に応じて変動します。

どちらも半年ごとに利息の支払いがあり、10年変動金利型個人向け国債の金利は、その度に見直されます。

個人向け国債の金利は、最低金利保障が0.05%に設定されており、それ以下の金利になることはありません。

10年変動金利型個人向け国債は発行後1年、5年固定金利型個人向け国債は発行後2年、それぞれ経過すれば、いつでも中途解約が出来ます。

国債金利も、一般の金融機関の金利と連動しているところがありますので、世の中の金利が上がれば国債金利も上がることが多いようです。

個人向け国債の金利を考え、固定金利と変動金利のどちらを購入するのか、その時の世の中の情勢から慎重に考えましょう。

因みに、平成19年7月発行の10年の個人向け国債の第1回(平成19年7月16日〜平成20年1月15日)の利率は1.01%です。

個人向け国債の利率は?

5年固定金利型個人向け国債の利率は発行から5年後の償還日まで変わりませんが、10年変動金利型個人向け国債の利率は、10年間、経済情勢や金利の変動に応じて変動します。

どちらも半年ごとに利息の支払いがあり、10年変動金利型個人向け国債の利率は、その度に見直されます。

個人向け国債の利率は、最低金利保障が0.05%に設定されており、それ以下の利率になることはありません。

10年変動金利型個人向け国債は発行後1年、5年固定金利型個人向け国債は発行後2年、それぞれ経過すれば、いつでも中途解約が出来ます。

国債利率も、一般の金融機関の金利と連動しているところがありますので、世の中の金利が上がれば国債利率も上がることが多いようです。

個人向け国債の利率を考え、固定金利と変動金利のどちらを購入するのか、その時の世の中の情勢から慎重に考えましょう。

ちなみに、平成19年7月発行の10年の個人向け国債の第1回(平成19年7月16日〜平成20年1月15日)の利率は1.01%です。