個人向け国債とは? 個人向け国債の利率と金利の資産運用術

個人向け国債債券とは?

個人向け国債とは、正確には「個人向け利付国庫債券」と言います。

国債債券の額面は、15年変動利付国債債券と物価連動国債債券が10万円、個人向け国債債券が1万円、そのほかは5万円となっています。

物価連動国債債券と割引短期国債債券(TB)、政府短期証券(FB)は金融機関系の法人のみ、個人向け国債債券は個人のみ購入が可能です。

個人向け国債債券には、10年変動金利型と5年固定金利型があり、10年変動金利型は2003年3月より、5年固定金利型は2006年1月より発行が開始されました。
いずれも、中途解約の際の買い取り額保証を定めています。

個人向け国債債券は、発行後、半年ごとに利息が支払われ、10年変動金利型は、そのたび毎に金利が変動しますが、5年金利固定型は、償還日まで金利は変わりません。

10年変動金利型は発行から1年、5年金利固定型は発行から2年経過すれば、個人向け国債債券は中途換金可能になりますが、その際には、10年変動金利型は、直前2回分の利子相当額を、5年金利固定型は、直前4回分の利子相当額を中途換金調整額として支払わなければなりません。

個人向け変動国債の中味は?

個人向け変動国債」を丁寧に言うと「10年満期の最低クーポン保証付変動金利型 個人向け国債」となります。

平成15年3月から発行が始まり、半年ごとに、実勢金利を反映して適用利率(クーポン)が変わる「変動金利制」を採用した「個人向け変動国債」は、個人の方なら誰でも1万円から1万円単位で購入できます。

適用利率(年率)は、半年ごとに、「適用利率(年率)=基準金利−0.80%」で算出されますが、「個人向け変動国債」は、最低金利保証制度により、計算式で低い数字が出ても、0.05%以下にはならないようになっています。

10年間お金を預かって、半年ごとに利子を支払い、満期が来たら、最後の利子と元本(額面金額)を返すと言うのが「個人向け変動国債」の仕組みです。

個人向け変動国債」は10年満期ですが、発行から1年経過すれば、いつでも、中途換金できます。
その計算式は「額面金額+経過利子相当額−直前2回分の利子(税引前)相当額」です。
(平成20年4月15日以降は、「額面金額+経過利子相当額−直前2回分の利子(税引前)相当額×0.8」)

個人向け国債に係る利子所得については、従来の国債と同様、源泉分離課税の対象となっており、利払時に20%の税率(所得税15%、地方税5%)で源泉徴収が行われます。

個人向け国債とは?

国債の額面は、15年変動利付国債と物価連動国債が10万円、個人向け国債が1万円、そのほかは5万円となっています。

物価連動国債と割引短期国債(TB)、政府短期証券(FB)は金融機関系の法人のみ、個人向け国債は個人のみ購入が可能です。

個人向け国債は10年変動金利型と5年固定金利型があり、10年変動金利型は2003年3月より、5年固定金利型は2006年1月より発行が開始されました。
いずれも、中途解約の際の買い取り額保証を定めています。

個人向け国債は、発行後、半年ごとに利息が支払われ、10年変動金利型は、そのたび毎に金利が変動しますが、5年金利固定型は、償還日まで金利は変わりません。

個人向け国債は、10年変動金利型は、購入発行から1年、5年金利固定型は、2年経過しないと中途換金はできません。

個人向け国債の中途換金時には、10年変動金利型は、直前2回分の利子相当額を、5年金利固定型は、直前4回分の利子相当額を中途換金調整額として支払わなければなりません。