個人向け国債の期間 個人向け国債の利率と金利の資産運用術

個人向け国債の期間

個人向け国債は、期間5年の固定金利型と、期間10年の変動金利型があります。

個人向け国債の期間10年変動金利型は、2003年3月より発行が開始され、個人向け国債の期間5年固定金利型は、2006年1月より発行が開始されました。
いずれも、中途解約の際の買い取り額保証を定めています。

個人向け国債は、発行後、半年ごとに利息が支払われ、個人向け国債の期間10年 変動金利型は、そのたび毎に金利が変動しますが、個人向け国債の期間5年固定金利型は、償還日まで金利は変わりません。

個人向け国債の期間10年変動金利型は、発行から1年経過すれば中途換金が可能になりますが、その時には、直前2回分の利子相当額を支払わなければなりません。

また、個人向け国債の期間5年固定金利型は発行から2年経過すれば中途換金が可能になりますが、その時には、直前4回分の利子相当額を支払わなければなりません。

これらの支払い利子相当額を「中途換金調整額」といいます。