個人向け国債を比較してみよう 個人向け国債の利率と金利の資産運用術

個人向け国債を比較してみよう

個人向け国債は、5年固定金利型と10年変動金利型があります。

受け取り利息でこの2種類の個人向け国債比較してみると、

5年固定金利型は、年2回(半年毎)で償還日まで固定
10年変動金利型は、年2回で半年毎に変動

利払いについて2つの個人向け国債を比較してみると、

半年ごとに金利を見直すタイプの10年変動金利型は、金利上昇局面に有利で、満期まで金利が変わらないタイプの5年固定金利型は、金利下降局面に有利だと言う事がわかります。

中途換金についてこの個人向け国債を比較してみると、5年固定金利型は、発行から2年経過後、10年変動金利型は、発行から1年経過後であれば、いつでも中途換金が可能ですが、5年固定金利型は直前4回分、10年変動金利型は直前2回分の利息がそれぞれ受け取り額から差し引かれてしまうので、この点でも違いが出てきます。

また、金利変動リスクの観点から、他の利付国債と個人向け国債を比較してみると、個人向け国債は元本価格に変動はなく、一定期間以上保有すれば、元本割れすることはなくなりますが、利付国債は、中途換金の場合には元本割れの可能性があるので、保有期間によって有利さが違う事がわかります。

このように、利付国債や個人向け国債を比較検討し、よく理解した上でどの国債を購入するのか決めましょう。