利付国債と個人向け国債の違いについて 個人向け国債の利率と金利の資産運用術

利付国債と個人向け国債の違いについて

利付国債と個人向け国債の違いの一つには、対象購入者が、利付国債は個人・法人の両方ですが、個人向け国債は個人のみと言う事があります。

個人向け国債は、変動金利型と固定金利型の2種類がありますが、利付国債は固定金利型のみと言うことも、利付国債と個人向け国債の違いです。

また、利付国債と個人向け国債の違いには、利付国債は中途換金がいつでもできますが、個人向け国債は中途換金に制限があるという事があります。

個人向け国債は元本価格に変動はなく、一定期間以上保有すれば、元本割れすることはなくなりますが、利付国債は金利変動によるリスクがあり、中途換金の場合には元本割れの可能性があるという事も利付国債と個人向け国債の違いです。

このように、利付国債と個人向け国債の違いにはいろいろあるので、いろいろと比較し、よく理解した上でどの国債を購入するのがよいか検討しましょう。