個人向け国債の利率と金利の資産運用術

個人向け国債はお得?

個人向け国債は国が発行する債権なので、債権の中でも最も信頼度が高い債権であり、最低保証金利が設定されているので、利息がゼロにることがないということは、個人向け国債お得な点でしょう。

このように、安全性が高く、しかも1万円から買うことが出来ると言う、個人向け国債お得な点があるので、投資の初心者や資金の少ない人にも利用しやすい商品でしょう。

半年ごとに金利を見直すタイプの金利変動型個人向けの利付き国債は、金利上昇局面に有利で、満期まで金利が変わらないタイプの長期固定金利型の利付き国債は、金利下降局面に有利であることも個人向け国債お得な点です。

個人向け国債お得な点として、ある程度の収益性と安全性を兼ね備えているという事があるので、十分に預貯金の代わりになる金融商品でしょう。
しかし、預貯金に比べて収益性が高い反面、個人向け国債には解約できない期間が存在したりします。
なので、個人向け国債を検討する場合は、個人向け国債お得な点だけでなく、商品性をしっかり理解した上で購入するべきでしょう。

個人向け国債 大和證券の場合

冬の個人向け国債 大和証券の募集は12月6日(木)〜12月27日(木)の予定となっており、その種類は第9回固定金利型5年国債と、第21回変動金利型10年国債です。

個人向け国債 大和証券の購入方法は、店頭、電話、インターネットの3種類がありますが、いずれにしても、まずは口座の開設が必要です。(口座管理料無料)

現在、国債の取り引きは、「国債振替決済制度」により、完全にペーパーレス化されており、国債の債券(現物)は発行されていません。

換金時に差引かれる利子相当額(5年固定金利型は直前4回分、10年変動金利型は直前2回分)については税引き前の計算を行うことから、個人向け国債 大和証券を中途換金した場合には、元本を割ることがあります。

発行後、個人向け国債 大和証券は、5年固定金利型は2年経過するまで、10年変動金利型は1年経過するまでは、原則として中途換金することができません。

発行日から初回の利払日までの期間が6カ月に満たない場合には、個人向け国債 大和証券は、当該日数分の利子(初回の利子の調整額)をあらかじめ購入するときに支払ことになっています。

三井住友銀行の個人向け国債について

三井住友銀行が扱う個人向け国債には、半年毎に金利が変動する10年変動金利型と償還まで金利が変わらない5年固定金利型があり、どちらも毎年度4回発行され、額面1万円から1万円単位で購入できます。

なお、発行後、三井住友銀行が扱う個人向け国債は、10年変動金利型は1年間、5年固定金利型は2年間は中途換金できません。

三井住友銀行での個人向け国債の中途換金については、

・窓口(書面)での手続きの場合
利息支払日の3営業日前から利息支払日までの期間、および償還日の3営業日前から償還日までの期間

・インターネットでの手続きの場合
利息支払日の10営業日前から利息支払日までの期間、および償還日の10営業日前から償還日までの期間

となります。

三井住友銀行個人向け国債を購入・保有する場合、通帳式の場合は、月額105円(税込)の口座管理手数料が必要です。
ただし、年度末(3月末日)時点において、額面金額残高が1000万円以上の場合および取引残高報告書方式を利用の場合は、口座管理手数料は無料です。

インターネットバンキングでの三井住友銀行個人向け国債の取引は、20歳以上の方に限ります。

りそな銀行の個人向け国債はどう?

りそな銀行で取り扱っている国債は、個人向け国債と利付国債があります。

りそな銀行の個人向け国債は、投資者保護基金の対象ではありません。

個人向け国債には、半年毎に金利が変動する10年変動金利型と償還まで金利が変わらない5年固定金利型があり、このりそな銀行の個人向け国債は、どちらも毎年度4回発行され、額面1万円から1万円単位で購入できます。

りそな銀行個人向け国債を中途換金する場合、変動金利型は直前2回分、固定金利型は直前4回分の利子相当額が税引前で差引かれますので、受取金額が投資元本を下回ことがあります。(平成20年4月15日以降、差引かれる金額は利子相当額(税引前)の80%)

なお、発行後、りそな銀行の個人向け国債は、10年変動金利型は1年間、5年固定金利型は2年間は中途換金できません。

売買時のりそな銀行の個人向け国債の価格は、市場価格を基にりそなの規定により算出しており、他の手数料は必要ありません。